JQuake

Screenshot of the JQuake application

JQuakeは、日本のための地震ソフトウェアです。防災科学技術研究所(NIED)の高密度な強震観測網を活用して、緊急地震速報などの予測や、観測された地震をわかりやすく可視化します。

Screenshot of the JQuake application

Features

JQuakeは、日本の地震災害の状況を把握し、それに応じて行動できるようなツールを提供しています。

地震検知

JQuakeは、防災科学技術研究所(以下、NIED)公開の地表リアルタイム震度と地表加速度の情報を毎秒受け取っています。この情報を利用し、実際の地震と生活振動を見分けて実際の地震を検知します。

同時発生した地震の検知

JQuakeは、同時に発生した複数の地震の検知や、複数の緊急地震速報の表示に対応しており、現在の状況を一目で把握できます。

自動ズーム

地震検知時、JQuakeは地図を自動でズームします。ズームした範囲外で別の地震を検知した場合は、全ての地震が見えるようにズームを調整します。この機能は設定でオン/オフを切り替えることが可能です。

現在の状況を知る

JQuakeは、PGA(最大加速度)と震度の両方の形式で現在の揺れの情報を表示し、地図横のポップアップに都道府県ごとの観測震度リストを表示するため、現在の状況を一目で確認できます。

緊急地震速報

JQuakeは、気象庁が発表する緊急地震速報を受信し表示します。緊急地震速報が発表されると、その情報が地図に反映され、リアルタイムで見ることができます。

津波情報

大規模な地震等で、津波が発生する場合があります。JQuakeでは気象庁が発表する津波情報を受信し、それぞれの沿岸を津波情報の種類に応じた色で強調表示します。

JQuake Desktop
バージョン
{{version}}
リリース
{{released}}
容量
{{size}}
対応OS
{{minSupported}}
対応環境
{{ os === 'macOS' ? arch === 'x64' ? 'Intel' : 'Apple Silicon' : os === 'Windows' ? 'x32 / x64' : arch === 'any' ? 'Any' : arch }}

他のOSバージョンはこちら