JQuake について

JQuake は、日本各地の揺れをリアルタイムに監視するためのフリーソフトです。

NIED(防災科学技術研究所)が設置する各所の強震計のデータをPGAまたは、気象庁震度階級の値で表示します。また、気象庁が提供する緊急地震速報を受信し、表示することも可能です。

緊急地震速報の仕組み上、揺れの到達に緊急地震速報が間に合わない場合があります。詳しくは気象庁のサイトをご覧ください。
https://www.data.jma.go.jp/svd/eew/data/nc/shikumi/tokusei.html


JQuake 開発チーム

JQuake は、地震や日本への強い関心を持つ人が集まり、小さなチームとしてそれぞれの自由な時間を利用して開発しています。

François Le Neindre
リード開発
Todd Hertzelle
Web ホスト、サポート
Kurisu Brooks
Web 開発、デザイン

Special Thanks


Lurs 様
翻訳
Fuku1213
翻訳
Yakijake_852
翻訳
PeP 様
効果音・音声制作
soshi1822
緊急地震速報の取得先

他のソフトウェア

地震情報やデータを監視するソフトは、他にもいくらか存在します。その中でも私たちが気に入っているソフトを紹介します。

KyoshinEewViewer for ingen

C#で作られた、現在開発中のオープンソースソフトです。Windows、macOS、Linux で利用できます。

https://svs.ingen084.net/kyoshineewviewer/

Quarog

現在クローズドベータ版として開発されている Quarog は、Windows 向けソフトで緊急地震速報を表示します。

https://fuku1213.github.io/quarog-site/