インストール手順

次のセクションでは、サポートされているシステムにJQuakeをインストールする方法について説明します。 これらの手順は、最初のインストールと更新インストールに共通です。

ユーザーパラメータはJQuakeのフォルダの外に保存されるため、アップデートをインストールしても設定は保持されます。

Windows

  • .zipファイルをダウンロードして解凍してください。

    ※ Program Filesフォルダーに抽出しないでください。

  • JQuake.exeをダブルクリックしてください。

  • バイナリが署名されていないため、Windows Defender SmartScreen 警告が表示されます。 「詳細情報」と「実行」をクリックしてください。

Mac

  • .dmgファイルをダウンロードして開きてください。

  • JQuakeをApplicationsにドラッグアンドドロップしてください。

  • Apple Silicon : 初回起動時に、Appleのセキュリティにより起動できない場合があります。そのため、ターミナルで次のコマンドを実行しJQuakeを起動できるようにする必要があります。

    sudo xattr -r -d com.apple.quarantine /Applications/JQuake.app

  • ApplicationsからJQuakeを実行してください。

Linux

  • Javaランタイム環境がインストールされていない場合は、インストールしてください。

    ターミナルに java -version と入力すると、Javaランタイム環境がインストールされているかどうかを確認できます。

  • .zipファイルをダウンロードして解凍してください。

  • 抽出したフォルダから、ターミナルで次のコマンドを入力して、JQuakeを実行させられます :

    java -jar JQuake.jar -Xmx200m -Xms32m -Xmn2m -Djava.net.preferIPv4Stack=true